夏冷え

暑い日が続いてますが、皆さんは元気に夏を過ごせていますか?

 

夏バテ気味だったり、体がだるかったりなど、体調不良を感じことはありませんか?
元気に夏を過ごす為に「夏の冷え」についてお話します。 

夏は知らず知らずのうちに体を冷やしてしまっています。冷たい飲み物や冷たい食べ物を摂ることで、胃や腸など内臓を直接的に冷やし、体内温度を下げます。
内蔵の冷えは腸の働きを悪くし、免疫力の低下に繋がります。

 

冷えを放っておくと、自律神経のコントロールが乱れ、体温調節しにくい体質になってしまいます。
人に本来備わっている体温調節機能は、汗をかくことで体の外に熱を逃がし、体温の上昇を抑えようとします。しかし、自律神経の働きが悪くなると、汗が外に出にくくなり体に熱がたまって、体温の急上昇から熱中症を引き起こすこともあります。
冷房で冷えた室内から暑い屋外に出た時など、急激な温度差に対応できなくなるのも自律神経の乱れと言われています。
外出先など自分で温度管理ができない場合は上着を一枚用意しておく、冷たい飲み物を控え、常温または温かい飲み物を飲むように心がけ、お風呂はしっかり湯船に浸かるなど、夏冷え対策をしましょう。

 

当店は“超短波”という温める電子治療器があります。「夏だから温熱治療は暑いのでは…」そんなことはありません。
夏でも心地よい温かさで体の深部を温めます。
超短波の深部加温は体をリラックスさせ、自律神経のバランスがよく働き血行をよくします。 

 

胃や腸が冷える夏こそ使っていただきたいのです。

夏の冷えが、冬の冷えに繋がります。冬の冷えにお困りの方は、夏の冷えから意識し、食事や生活習慣を見直してみましょう!

image1.JPG