施術の様子

2018年11月14日

寒くなる時こそ温活を

しばらく暖かい日が続いてましたが、11月も半ばになりやっと寒さを感じるようになりましたね。そろそろ暖房も本格的に活躍しそうです。   朝晩の冷え込みや湿度の低下で風邪や、夏の疲れが出てる方が多く見られます。 天気、寒暖差、乾燥など、どれも体への負担は大きく体調管理をするのが難しい季節です。   なんとなく本調子じゃないなぁと感じる方、体の冷えが関係しているかもしれせん。 体をお腹の中から温めることで免疫力を高めたり、疲労回復できます。 冷えによる首や肩、足腰の痛みも温めることで血行をよくし、痛みを和らげてくれます。 また、整体と合わせての体のほぐしがとても効果的で、短い時間でもしっかりと身体のバランスを整えます。     寒くなる時こそ温活を! 今から冬本番へ向けて元気な体づくりをはじめましょう。     あったかグッズも色々入荷してます。 自分用にプレゼント用に、寒い季節の強い味方になりますよ。   是非、一度来院ください。           なかいわ整体院   〒811-3101 福岡県古賀市天神1-5-12 JR古賀駅より徒歩5分 TEL: 092-942-7503 MAIL: info@nakaiwa-seitai.com 営業時間: 平日09:00~13:00 14:00~18:00 土曜09:00~13:00 お休み:日曜日、祭日

2016年08月02日

夏冷え

暑い日が続いてますが、皆さんは元気に夏を過ごせていますか?   夏バテ気味だったり、体がだるかったりなど、体調不良を感じことはありませんか? 元気に夏を過ごす為に「夏の冷え」についてお話します。  夏は知らず知らずのうちに体を冷やしてしまっています。冷たい飲み物や冷たい食べ物を摂ることで、胃や腸など内臓を直接的に冷やし、体内温度を下げます。 内蔵の冷えは腸の働きを悪くし、免疫力の低下に繋がります。   冷えを放っておくと、自律神経のコントロールが乱れ、体温調節しにくい体質になってしまいます。 人に本来備わっている体温調節機能は、汗をかくことで体の外に熱を逃がし、体温の上昇を抑えようとします。しかし、自律神経の働きが悪くなると、汗が外に出にくくなり体に熱がたまって、体温の急上昇から熱中症を引き起こすこともあります。 冷房で冷えた室内から暑い屋外に出た時など、急激な温度差に対応できなくなるのも自律神経の乱れと言われています。 外出先など自分で温度管理ができない場合は上着を一枚用意しておく、冷たい飲み物を控え、常温または温かい飲み物を飲むように心がけ、お風呂はしっかり湯船に浸かるなど、夏冷え対策をしましょう。   当店は“超短波”という温める電子治療器があります。「夏だから温熱治療は暑いのでは…」そんなことはありません。 夏でも心地よい温かさで体の深部を温めます。 超短波の深部加温は体をリラックスさせ、自律神経のバランスがよく働き血行をよくします。    胃や腸が冷える夏こそ使っていただきたいのです。 夏の冷えが、冬の冷えに繋がります。冬の冷えにお困りの方は、夏の冷えから意識し、食事や生活習慣を見直してみましょう!

$logo_alt
2016年05月12日

こちらに施術の様子を更新していきます

なかいわ整体院 〒811-3101 福岡県古賀市天神1-5-12 JR古賀駅より徒歩5分 TEL: 092-942-7503 MAIL: info@nakaiwa-seitai.com 営業時間: 平日09:00~13:00 14:00~18:00 土曜09:00~13:00 お休み:日曜日、祭日